ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは

近年健康志向に乗って、ウォーターサーバーの人気も上昇中です。
病院や薬局、オフィスだけではなく、一般家庭への普及も急速に高まってきています。

 

ウォーターサーバーを家電量販店やテレビの通販番組で購入する事はほとんどなく、通常はインターネットのホームページから申込みを行います。
また、メーカーによっては、百貨店でキャンペーンを実施しているところもあります。

 

ウォーターサーバーの特徴

クリクラのサーバー

ウォーターサーバーとは、本体サーバーと、天然水もしくはRO水が入ったボトルからなる商品です。
通常サーバー本体はレンタルする事になりますが、クリクラではレンタルサーバー料金は無料になっています。

 

サーバー本体のデザインもウォーターサーバーのメーカーによっていろいろとありますので、設置するお部屋に合わせて選ぶとインテリアとしても良いでしょう。
クリクラのサーバーは、クリクラミオと通常のクリクラとでサイズが異なりますが、デザインは統一されています。

 

ウォーターサーバーの電気代

使用の際はコンセントによる電源を必要としますので、設置場所も確認しましょう。
電気代は平均で月額1000円程度かかりますが、最近ではエコモードを搭載しているウォーターサーバーも増えてきているので、経済的な負担も軽減してきています。
クリクラミオは小型化されていることもあり、電気代は月額700円程度と経済的になっています。

 

ウォーターサーバーの水

水が入っているボトルはその都度購入する事になります。
ボトルサイズは12リットルが標準ですが、クリクラミオの8リットルなど小型タイプのボトルも最近では増えてきています。

 

水の種類

水の種類は自然によってろ過された天然水と、RO膜を通して不純物を極限まで取り除いたRO水とがあります。
天然水には阿蘇や富士など、ウォーターサーバーのメーカーによって異なるので、天然水の好みでウォーターサーバーを選ぶのも良いでしょう。
クリクラではRO水を使用していますが、クリクラミオは富士山の麓で採水された天然水を使用しています。

 

日本のウォーターサーバーは天然水もRO水も軟水の物がほとんどなので、ご飯を炊くときやコーヒーやお茶を沸かすときに使うと、おいしくて健康的です。
特にクリクラミオなど富士山の天然水は、バナジウムが豊富に含まれていて、健康志向の強い人におすすめとなっています。

 

ボトルは通常本体上部に設置しますが、最近では重いボトルを持ち上げずにセットできる下置きタイプのウォーターサーバーも出てきています。


クリクラミオ(天然水で最安値) クリクラママ(ママ・プレママにお得) クリクラ無料お試し クリクラ(ボトル2本付き)