クリクラで使われている水の特徴は?水道水だからと言ってバカに出来ない!

クリクラで使われている水の特徴

クリクラミオの水

ウォーターサーバーの先駆け的な存在でもある、実績のあるクリクラは毎日多く飲む水だからこそ、飲みやすくて安全な水を提供することを大切にしています。
クリクラに使用されている水は、元は水道水です。
それをRO膜と言う微細なフィルターを通す事でろ過して綺麗な水に仕上げています。
また、天然水に含まれているようなミネラルを加えています。そうする事で飲料水としての味が格別にあがり、料理にも合う水にしているのです。
元は水道水と言うと、がっかりする人もいるかもしれませんが、クリクラの水へのこだわりは水のおいしさ、製造過程、さらにサーバーの仕組みにまで及んでいますので、何重ものこだわりをくぐった新鮮でフレッシュです。

 

口当たりが柔らかい軟水

まず、日本人になじみの良い軟水になっています。
口当たりや柔らかく、のど越しもソフトで優しさとまろやかさがあります。
日本は天然水や水道さえも軟質ですので小さなころからなじみのある味と質です。しかし、それだけではなく、実は混ざっているミネラル類が溶けだしやすいのも特徴で、その分甘味を感じたり尖りがなくなり飲みやすいのです。
お子さんにも飲みやすいですし、料理に使っても素材を引き出して味の邪魔をしないので、とてもマッチして使える幅が広いです。
毎日飲むものだからこそ、クリクラは味にもこだわっています。

 

クリクラの水は安全!

また、クリクラはさらに安全にも配慮しています。原料である水も十分おいしいのですが、中には微量の不純物を排除するために、宇宙開発でも使われるほどの高性能で繊細なRO浸透膜を使って、微量な雑味を排除して純粋な状態にしています。

 

少しの不純物をも取り除いているので赤ちゃんに飲ませてもいいですし、ミルクを溶かすことも可能です。
雑味をとることで、さらにまろやかさが引き立つのでクリクラの新鮮さの要因になっています。

 

徹底された衛生面・安全面

製造過程も厳格に管理されているので衛生面や安全面でも納得できます。
徹底的に清潔に保たれた環境でオートメーションにすることで余計な臭いや菌がつかないように管理されています。
しかし、最後は人の目で入念にチェックされており、外観はもちろん、中の質やにおいに対してもテストが行われています。
最後まで細かい点を見ているので、質の維持が高いレベルでキープされています。

 

とても安心できる環境とスタッフの体制なので、クリクラが長く人気なのがわかる1つの理由でしょう。
クリクラは安心とおいしさから産婦人科など病院でも多く使われていますし、個人宅でも利用する方は多いです。
製造すべてを自社の管理された工場で行っており、世界基準の衛生管理システムであるHACCP認証工場となっています。
この認定は1か所でも該当しない箇所があれば取れませんので、しっかりと隅々まで管理され、社員一人一人が自覚をもって届けようとしている証拠です。
おいしさ、利便性、安心、どれもが高いレベルなのがクリクラの特徴です。


クリクラミオ(天然水で最安値) クリクラママ(ママ・プレママにお得) クリクラ無料お試し クリクラ(ボトル2本付き)